関節リウマチ

患者さまへのご案内

関節リウマチの症状

関節リウマチは、免疫の異常により関節に炎症が起こり、関節が腫(は)れて痛む病気です。それが続くと関節の変形をきたす場合があります。リウマチというと、多くの人は「お年寄りの病気」というイメージをお持ちだと思いますが、実際には30代、40代の人たちの発症が多い疾患です。
「自分には関係ない」と安心していると、気付いたら深刻な症状に進行してしまうこともありますので、 疑わしい時は一度ご相談ください。

関節リウマチの関節病変

当院の治療方針

免疫療法と生物学的療法

治療方針イメージ当院では、関節リウマチの治療として主に免疫療法と生物学的療法を用いています。
免疫療法は、抗リウマチ薬等の薬を用いてリウマチの免疫異常を是正することにより、リウマチの炎症を抑える治療法です。
生物学的療法は、生物学的製剤という最新のバイオテクノロジー技術を駆使して開発された新しい薬で、生物が産生した蛋白質を利用して作られています。関節リウマチの炎症や痛み・腫れ、そして骨や軟骨などの関節破壊を引き起こす原因となる物質を抑えることにより、その効果を発揮します。詳しくは医師にお尋ね下さい。
»内科医 内科医 杉山(直)プロフィール